失業保険・雇用保険をもらうには

失業保険(雇用保険)は再就職希望の人に支払われる!

失業保険・雇用保険をもらうには

失業保険とは、労働者が失業した場合に、ある一定の金額を、一定の期間、支給される保険で、生活の安定を保証する保険制度です。

 

失業保険の手続きはハローワークで行うことになります。

 

失業保険は雇用保険法で定められていて「失業給付」「教育訓練給付」、「育児・介護休業給付」、「高年齢雇用継続給付」の総称で使われます。

 

失業保険は、昭和22年から実施されている制度で、昭和50年度の法改正で雇用保険と呼ばれるようになったのです。

 

失業保険が雇用保険に改正される前は、単純に現在失業している人を救済するだけの制度でした。雇用保険に改められて、失業の予防という目的も入ったのです。

 

失業保険(雇用保険)の掛け金は、会社(労働する場所)の事業者と、労働者本人が折半して支払っています。また、国民の生存の保障をするという意味からも、国庫から多額の補助がされています。

 

失業保険の歴史的なことを書きましたが、要は、失業した時に、次の仕事先が見つかるまでの間、生活費を補助してくれる制度が失業保険なのです。

 

この失業ですが、特別なことではなく、定年退職もあるでしょうし、会社の倒産で退職もあるでしょう。
事故や病気で退職せざるおえなかったり、妊娠・出産・育児などで退職しなければならないときもあります。

 

ただし、失業保険という性質上、再度就職をしようとする人だけに限られているのです。
会社辞めて、しばらくボーとしたいという人には支払われないのです。

 

失業保険給付中は何度もハローワークにいって再就職についての相談しなければなりません(相談事がなかろうと)。
あくまでも再就職を探しているという人に支払われるものなのです。

 

スポンサーリンク


更新履歴